TAVENAL通信

vol.63   2017.11.14号

カテゴリーメニュー毎のこだわり

タグ

このお話の登場人物

2017年11月14日:国産鶏もも肉のジューシー山賊焼き

料理長

2017年11月14日(火)のメニュー

「国産鶏もも肉のジューシー山賊焼き」の魅力をお伝えしよう。

まちこ

「山賊焼き」って何?

山賊の人たちが焼いているってこと??

料理長

「山賊焼き」とは、鶏のもも肉をにんにくを効かせたタレに漬け込み、片栗粉をまぶして油で揚げた長野県中信地方(塩尻市・松本市等)の郷土料理のことだよ。「山賊揚げ」と呼ばれることもあるよ。

ザマスさん

でも、なんで名前が「”山賊”焼き」ざますか??

料理長

名前が独特だから気になるよね!大きくは2つの俗説があるといわれているんだ。

1つは、長野県塩尻市の店「山賊」を元祖とする説。この店から山賊焼きが広まったともいわれていて、この説が最も有力だそうだよ。
もう1つは、「山賊は物を取り上げることから、”鶏揚げる”との語呂を合わせた」とする説なんだ。

まちこ

へえ〜!

ホント料理名の由来っていろんな理由があるんだね!

ザマスさん

また一つ知識がついたざます!さすがシェフ!

このメニューのこだわりはどこざますか〜!?

料理長

国産の鶏もも肉のみを生姜とにんにくを利かせたタレに一晩漬け込み、片栗粉をまぶして、なたね油でカラッと揚げたよ!

鶏肉は必須アミノ酸が豊富に含まれているから、滋養強壮にもとっても役立つんだよ。

たくさん鶏肉を食べて、強い身体を作ろう!

まちこ

「山賊焼き」いっぱい食べま〜す!!!

詳しくは、お気軽にお問合せください!