抗酸化力!

抗酸化とは今話題のカラダの酸化に抗うチカラ !

抗酸化機能ってご存知ですか?

今話題の、カラダの酸化に抗うチカラ!

酸化とはそもそも・・・
酸化(さんか、英 :oxidation)とは、対象とする物質が電子を失う化学反応のこと。
具体的には、物質に酸素が化合する反応、あるいは、物質が水素を奪われる反応などである。
例えば、鉄がさびて酸化鉄になる場合、鉄の電子は酸素 (O2) に移動しており、 鉄は酸化されていることが分かる。
(ウィキペディア参照)

鉄が酸化←酸化鉄(鉄が錆びたもの)

つまりカラダの酸化とは

カラダが錆びるということ(※例えです!)

カラダの酸化は活性酸素がポイント!

人間は毎日、多くの酸素を体内に取り入れています。 その取り入れた酸素の中から数%が、強い酸化作用を持つ、「活性酸素」
というものに変わります。 活性酸素とは、 体内に入ったウィルスや悪い細胞を強い酸化作用を持って攻撃してくれる強い味方。
しかし、下記のようなことが続くと、体内に活性酸素が急激に増えると言われています。

活性酸素が増える

本来カラダの強い味方の活性酸素ですが、活性酸素が体内で増えすぎると、健康な細胞まで攻撃してしまう憎い奴!
抗酸化能は、こういった活性酸素の攻撃からカラダを守ってくれる機能を持ちます。

酸化のサイン

酸化のサイン

代表的な抗酸化の高い食材

一般的にカラダが酸化から抗うことが 出来るとされている数値は350です。

  • トマト
    抗酸化力:90
  • たまねぎ
    抗酸化力:80
  • 赤ワイン
    抗酸化力:90

その他抗酸化を含む食材

色鮮やかな食材

果物

抗酸化を含む食材

野菜

豆・穀類・海藻類

TAVENAL™のお弁当の抗酸化力

一般的に市販されているお弁当とタベナルのお弁当の抗酸化力を調査しました。

抗酸化力の検査結果

抗酸化力に81倍の開きが

徳島大学大学院歯薬学研究部・代謝栄養学分野 堤理恵

平成27年経済産業省 健康寿命延伸産業創出推進事業
松山ヘルスケアサービス創出推進事業の実証実験の一環として調査。

どうしてこんなにも抗酸化値の差が開くの?

調理方法や原材料によって抗酸化力に差が出るのかを調査しました。

  • お出汁の原材料 抗酸化力13倍 株式会社AIVICK調べ
    徳島大学大学院歯薬学研究部・代謝栄養学分野 堤理恵
  • 野菜の洗い方 抗酸化力1.7倍 徳島大学大学院歯薬学研究部・代謝栄養学分野 堤理恵
  • 醤油の製造方法 抗酸化力3倍 株式会社AIVICK調べ
    徳島大学大学院歯薬学研究部・代謝栄養学分野 堤理恵

※青:一般敵な調理方法や原材料

タベナルは、高い抗酸化力を実現するために、
全て右側のオレンジの調理方法、素材を使用しています。

詳しくは、お気軽にお問合せください!