『糖質制限って何??』【Part.4】

dummy
管理栄養士のふじもん

こんにちは!!
朝起きるのが日に日に遅くなっているふじもんです。

『糖質食べたら体の中でどうなっているの?』

こんな不思議を本日は解決したいと思います。

糖質制限食の本にこの言葉は必ずって言っていいほど登場する

重要ワード:『インスリン!!』

(よく大学の時に私は「おデブホルモン」と呼んでいました。あぁ~なつかしい~)

しっかりと理由はあるので説明していきますね。

インスリンは食事によって上昇した血糖値を下げてくれる働きがあります。だが・・

余った血糖を脂肪に変えて体に蓄えてしまう働きもあるんです。

食事で糖質を多く摂ることは、インスリンを大量に分泌させ、

余った血糖を脂肪に変えてしまいます!!

逆の発想をすると、

糖質を抑えた食事は、血糖値の急激な上昇とインスリンの分泌を抑え、

脂肪の蓄積も抑えることが出来る。ということです。

なので、普段の食事で摂る糖質の量はやはり気をつけなければいけないですね。

The following two tabs change content below.
ふじもん

ふじもん

TAVENALの管理栄養士、ふじもんです! 平成4年生まれ、生まれも育ちも大阪。 声が特徴的、ガラガラ声?ハスキーボイス??!唯一言えるのは酒焼けが原因ではないこと。お酒がごく微量しか飲めない健康人間です! 管理栄養士として皆さんに健康情報・知識などなど 専門用語を極力使用せず、わかりやすい文章で情報発信していきます。 よろしくお願いします