catch-img

【マンガで分かる健康経営】食後の眠気、なぜ起こる!?【Vol.1】


皆さん、こんにちは!
今回からシリーズで【マンガで分かる】健康経営をお届けいたします~!
食の可能性をとことん追求してきた弊社が、食事と健康についての様々な疑問を解決しちゃいます!

目次[非表示]

    1. 0.1.食後、ぼーっとしていませんか?
    2. 0.2.血糖値スパイクとは…?
    3. 0.3.どんな影響があるの?
      1. 0.3.1.💡血管を傷つけてしまう
      2. 0.3.2.💡糖尿病に移行
      3. 0.3.3.💡認知症やがんの一因に!
    4. 0.4.血糖値スパイクを予防するには
      1. 0.4.1.💡糖質のとりすぎに注意!
      2. 0.4.2.💡食べる順番に気を付けてみる
      3. 0.4.3.💡ゆっくり食べる
      4. 0.4.4.💡食物繊維を積極的に!
      5. 0.4.5.💡朝食もちゃんと食べよう
      6. 0.4.6.💡食後に軽い運動を


食後、ぼーっとしていませんか?

突然ですが、皆さんはお仕事中、午後の眠気に困ったご経験はありませんか?
お昼ご飯を食べて体力チャージしたはずなのに、なんだか眠くてぼーっとしてしまい、仕事に集中できな~い!!
今回は、そんな方に是非読んでいただきたい記事です!!

まずは、これから始まるマンガを読んでみてくださいね。
漫画の主人公は「ギロッポン株式会社」に入社したばかりの新人さん。
イケイケな社長の元でバリバリ頑張っていたはずの新人さんの体に起こる異変とは…!?

新人さんが「サッカーチームの名前?」なんて勘違いしちゃったこの「血糖値スパイク」という用語…皆さんはご存じでしたか?

血糖値といえば、皆さんもご存じの通り血液中に含まれる糖のことですよね。
では、血糖値スパイクとは何ぞや?


血糖値スパイクとは…?

そう、血糖値スパイクとは血糖値の急激な上がり下がりのことだったのです!!
糖質が急激に体の中に取り込まれると、血糖値がギューンと上がります。
すると「インスリン」と呼ばれるホルモンが分泌され、血糖値を下げようとするわけですが…急激に上がった血糖値が急激に下がることで、色々な影響があると言われているのです~!!
マンガの中の新人さんのように、食後の眠気やイライラ、ぼーっとしてしまう…などの自覚症状がある方は、この血糖値スパイクが起きている可能性があるかも…。

どんな影響があるの?

この血糖値スパイクは、食後にぼーっとしてしまって仕事にならない~!なんて事態を引き起こすだけでなく、体にとって様々な影響を与えてしまうものなのです!

💡血管を傷つけてしまう

急激な血糖値の変化が血管にダメージを与え、動脈硬化などに繋がると考えられています。

💡糖尿病に移行

血糖値スパイクを放置してしまうと、糖尿病に移行してしまう恐れも!

💡認知症やがんの一因に!

過剰なインスリンが認知症やがんに関係していると言われています。

インスリンというホルモンは、過剰に分泌されてしまうと色々な影響があるのですね…。動脈硬化や糖尿病、認知症やがんと言った病気にも関係しているなんて!!食後にぼーっとして困るのよね、なーんて笑っている場合ではないようです…!
それでは、どうしたら血糖値スパイクを予防できるのでしょうか?

血糖値スパイクを予防するには

普段の食事のときに「ほんの少しの心がけ」をするだけでも、血糖値スパイクの予防につながります。今回の記事を読んでギクッとした方は、是非以下の方法を試してみてくださいね~!

​​​​​​​

💡糖質のとりすぎに注意!

大盛りライスにラーメンに…がっつり働いた後のお昼ごはんは、ついつい糖質たっぷりメニューに惹かれてしまうものです。でも、できるだけ糖質低めの食事をチョイスすることが将来の健康にもつながりますよ!

💡食べる順番に気を付けてみる

いただきまーす!からの、白米ガツガツ!ではなく、まずは野菜の小鉢から…。というふうに、野菜ファーストな食べ方を心がけてみましょう。

💡ゆっくり食べる

限られたお昼休みは、つい猛スピードで食べてしまいがち!「口に入れたら一旦箸を置く」などの心がけをしてみることで、噛む回数が自然と増えていきますよ。

💡食物繊維を積極的に!

食物繊維を多くとることで、2型糖尿病のリスクが低下することが明らかになっています。普段のごはんに食物繊維が豊富な雑穀を混ぜてみる、きのこや海藻を献立にプラスしてみる…などなど。

💡朝食もちゃんと食べよう

朝食抜きで仕事をし、昼食に糖質たっぷりのがっつりメニュー。これは血糖値スパイクが起こりやすくなる最悪のパターンです!忙しい朝もなるべく食事をとることが大切ですね。

💡食後に軽い運動を

筋肉を動かすことで、糖を消費することができます。「そんな時間ないよ~!」という方は、椅子に座ったままできるエクササイズや、エレベーターを使わず階段を使ってみる…などのできる範囲での運動もオススメです。


TAVENALでは、血糖値スパイクを考慮したこだわりの健康弁当を提供しています!



​​​​​​​​​​​​​​