弊社サービスが「DREAM GATE」に掲載されました。

OFFICE CAFEサービスが、下記サイトにて掲載されました。

メディア:DREAM GATE

「開始5カ月で100社超が導入。社員を健康にするサービス「OFFICE CAFE」

  開始5カ月で100社超が導入。社員を健康にするサービス「OFFICE CAFE」 | 起業・会社設立ならドリームゲート コンセプトは「大人の食育」。食品添加物をシャットアウトし、無農薬・低農薬の野菜を使用。1食500Kcal以下・塩分3.3g以内に抑えたお弁当を毎日配送。 展開している事業・特徴 弁当・惣菜の提供は、定期配送方式だ。契約先に冷蔵庫とレンジと加温庫を設置し、クール便で毎日届けてくれる。冷蔵庫に入れて置けばDay+3日の賞味期限があるそうだ。食べ忘れても翌日に持ち越せるため、ほとんど廃棄は出ないそうだ。 食べる時はレンジでチン、もしくは加温庫に入れておくと1時間半ほどでホカホカになる。冷蔵庫だけでなく加温庫も設置していることもポイントだ。ランチタイムに社員が冷蔵されている弁当を温めるためにレンジに殺到する。温めに1個1~2分としても、30人が並ぶとそれだけで昼休みが終わってしまう。そこで同社では加温庫も貸与することにした。加温庫は温度設定ができるので、レンジだと温めすぎると堅くなるお肉もそのままの美味しさで食べてもらえる。朝出社して「OFFICE CAFÉ®」の弁当を加温庫に入れておけば、ランチタイムにはホカホカの弁当がすぐに食べられるというわけだ。 値段は弁当1食あたり600円~890円というお手頃価格。メニューは日替わりで3コースから選べる。ちなみに筆者も取材時に試食させてもらったが、味付けはしっかりとしていて(減塩にありがちな薄味でない)、品数・ボリューム・使用食材数もコンビニ弁当などよりずっと多く、とても美味しく満足度が高かった。 契約は会社単位。同社では「御社の社食の代わりに」というアプローチで営業を進めている。 ちなみに、100席程度の社員食堂をつくる場合、80~90平米ほどのダイニングと厨房スペース、設備費に2000万~3000万円、さらにシェフなどのスタッフが最低3名は必要となる。もちろん原材料も毎日仕入れなければならず、しっかり栄養バランスを考える場合は、栄養士へのフィーも。とにかくコストがかかるが、「OFFICE CAFÉ®」であれば畳1畳分のスペースに冷蔵庫・加温庫を置くだけで、100名分の食事が提供できる。初期費用は、冷蔵庫・加温庫などを借りる際の保証金のみで始められる(保証金は解約時には返金される)。あとは弁当を注文した分だけの料金を支払うだけ。注文数も最低数を契約で定めているが、1週間前であれば専用のWebサイトから個数を変更できる。 起業・会社設立ならドリームゲート